きのぴの落書き帳

これって業者のせいだけじゃないでしょ?

エキサイトニュースの業界団体に調査要請 シュレッダー事故で経産省にトラバ。

なんかこう、この手の事故があるたびに、製品の不備とか言われ、社会全体が過敏な反応をしているように思うんだけど、今回の事故は、はっきりいって、親の責任の方が大きいんじゃないんですかね?
小さい子供がいるのなら、電源を切っておけばいいし、なにより子供が近づけないようにしなくちゃいけないと思います。
きっと、説明書に注意書きで書いてあるでしょうに…。
まして、2歳児なんて、いろんなことに興味を持つ歳なのだから、その分きちんと親が気をつけないといけないんじゃないですかね。
業者の話では「男児の母親から二度と起きないようにと言われている」のだとか。

自分の監督責任を棚に上げて、何言ってんでしょうね?この親。
親の資格ないですよ、はっきりいって。

確かに、事故が起きた後には、同様の事故が起きないように工夫することは、大切でしょうけれど、個人情報の秘匿が必要な昨今、シュレッダーで処理するために大量の紙を一度に処理できるパワフルな機種が望まれていて、そんな社会の要望に応えるために作った機種であれば、当然危険な部分が増えていても仕方のないことだと私は思います。

なにやら経済産業省では、報告がなかったとかでおかんむりのようですが、こんなの報告の必要がある話なんですかね?
製品の欠陥じゃないでしょうに。

業者側も、今後販売する時は、誓約書でも相手から取った方がいいんじゃないですかね。
バカバカしいけれど。

今回の件では、怪我をした子供には可哀相だけど、きちんと監督できなかった親の責任によるところがかなり大きいと私は思います。
同じ年頃の子供さんを持つ親は、改めて自分の身の回りで子供に危険なものを放置していないか、きちんと責任を持って見直してみてはいかがでしょうか。

このニュースの意義って、そんな程度のものにしか、私には思えません。
[PR]
by kinop_2001 | 2006-08-23 14:53 | 感じること